Blog Latina [ブログ・ラティーナ]

月刊ラティーナを発行する(株) ラティーナの情報発信用ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月刊ラティーナ09年1月号、発売中です!

 ラティーナ09年1月号、20日より発売中です!
 表紙は、チェ・ゲバラ。来年09年の1月1日、ラテンアメリカ地域の近代の重要な出来事であるキューバ革命が50周年を記念しています。「キューバ革命50 周年」特集号、お見逃しなく!

LATINA_CAPA0901.jpg
◆レケーナ=スアレス・パス 日本公演の素晴らしいダンサーたちと、マエストロ2 人の存在感
 文:本田健治
◆宮沢関連作品がリリース 無限に拡がる「足跡のない道」のメッセージ
 文:花田勝暁/写真:本田大典
◆◆特集:キューバ革命50 周年
◆ラ米乱反射 連載第35 回 20 世紀ラ米最大の出来事 米国に抵抗し生き延びたカストロ
 文:伊高浩昭
◆オマーラからオマーラへ 日本におけるキューバ音楽50 年を廻って
 文:山本幸洋
◆自己の文化を自らの価値観で正統に評価するために 革命キューバ音楽史
 文:HITOSHI
◆チェ・ゲバラを描いた長編叙事詩 ニ部作 『チェ28 歳の革命』『チェ39 歳別れの手紙』
 文:上野清士
◆◆決定! ブラジル・ディスク大賞2008
◆ライター・関係者が選ぶ ベストアルバム2008
◆ENTREVISTA/ クイーン・ハリシュ
 文:サラーム海上
◆レ・グラン・バレエ・タヒチ、初の本格的来日公演
 文:高橋道彦
◆広い風182[山の温泉] 
 写真・文:高野 潤
◆音の棲むところ88 ブラジルは僕の血となり、肉となった
 文・写真:宮沢和史
◆レユニオン島から届けられるマルチカルチャーな音楽、トグナ
 文・写真:石田昌隆
◆連載第12 回 それでもセーヌは流れる 往来こそわれらがもの - 活動を再開したラ・リュー・ケタヌー
 文:向風三郎
◆新・南のポリティカ 59 ニカラグアの自治体選挙でサンディニスタ「革命」的勝利
 文・コラージュ:上野清士
◆NOTICIAS MUNDIALES
 BRASIL(Hitoshi Kishiwada, Hirosuke Kitamura, Tetsuya Hida, Nio Tatewaki)
 ARGENTINA(Diana Atsumi)
 BOLIVIA(Junko Seto Hashiguchi)
 CUBA(Hitoshi)
 MEXICO(Kiyoshi Ueno, Miho Nagaya)
 PARIS(Kazuko Ueno)
 LONDON(Yuki Kishi)
 THAI(Marisa Osawa)
◆ESPACIO/ARTE 文:上野清士
◆INFORMACION
 topics - concert - live spot - radio - new release - others etc.
◆LIBRO / CINE
◆EVENTO
◆ENTREVISTA/ メスクラ
 文:真保みゆき
◆ENTREVISTA/ カトリオーナ・マッケイ
 文:五十嵐 正
◆ESPACIO/MEXICO 文:長屋美保
◆その業績と意義、親指ピアノを中心にヒュー・トレイシーが旅に誘う
 文:サカキマンゴー
◆アカデミー・オブ・ハワイアン・アーツ
 文:松山晋也
◆21 世紀のタンゴ・マエストロたち〈55〉古さと新しさを弦でつなぐ:ハビエル・カサージャとコルネット・バイオリン
 文:西村秀人
◆TU,SOLO TU Vol.108 モナレータのサウンドに病みつきになる人、増えてます
 文:岡本郁生
◆連載第21 回 オーガニック・アルヘンティーナ ハーモニカの若き天才フランコ・ルシアーニ
 文:栗本 斉
◆Reratório do Brasil 現代ブラジルの人種差別意識
 文:岸和田 仁
◆ENTREVISTA/ ソフィア・カールソン
 文:松山晋也
◆ディスコ・ガイド 国内盤/輸入盤
◆通信販売お申し込み方法
◆最新バックナンバー一覧
◆オピニオン/愛好会ニュース
◆編集後記/次号予告
スポンサーサイト
  1. 2008/12/23(火) 17:26:15|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ラティーナのCD/DVDの冬のセールは、18日から3日間!

 冬期セールを、今月18日(木)~20日(土) の3日間開催します。輸入CD・DVDを30%引き(一部最新入荷品を除く)。30%以上の割引の特価CDも多数用意しております。

 郵送の分のセール・リストは先週末発送しました。WEB上にセール・リストのpdfをアップいたしました。セール・リストご希望の方は、お問い合わせください。

TEL.03-5786-5588/FAX.03-5768-5599 または、order@latina.co.jp

 ラティーナ・冬のセール受付時間
 12月18日(木)、19日(金)、20日(土)
 営業時間11:00~20:00(土曜は12:00~20:00)
(セール商品について、セール受付時間以外での受付はできませんのでご注意ください。また、注文多数のため、恐れ入りますが商品についての個別の質問にはお答えできません)

http://latina.co.jp/html/sale/2008wintersale/

IMG_0261.jpg


  1. 2008/12/17(水) 19:29:38|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日17日の「ネオ・トロピカリア」展は、夜間開館

 現在、東京都現代美術館で開催中の「ネオ・トロピカリア」展。明日17日のみ、開館時間が延長され20時までの開館です。これまでは、カエターノがパレンゴレを着たメイン・ポスターが1つでしたが、宮沢和史がパレンゴレを着た、ニュー・ポスターもできあがりました。

ポスターイメージ(仮)

また、エスクァイア・マガジン・ジャパンより、公式図録が発売になっています。
定価2500円(+税)ですが、↓これだけの内容があって、作品は全てカラーにて紹介されているので、お得感もあります。おすすめです。

目次
●イノヴェートせよ/アップデートせよ<ジルベルト・ジル>
●ネオ・トロピカリア──生が形になる場所<長谷川祐子>
●1960年 ブラジルの実験<フェリペ・シャイモヴィッチ>
●ブラジルと日本──永年の縁<パウロ・ハーケンホフ>
●ファヴェーラが生み出す光<管啓次郎>
●軽やかなる食人の美学──ブラジル人女性作家の現在<難波祐子>
●ブラジリアン・モードのファンタジア<市川暁子>
●トロピカリアを食べよう<中原仁>

収録作家
〈建築〉 リナ・ボ・バルジ、ルイ・オオタケ
〈アート〉 avaf、アルトゥール・ビスポ、リジア・クラーク、ホジェリオ・デガキ、ルシア・コッホ、アンドレ・コマツ、レオニウソン、ルーベンス・マノ、マレッペ、シウド・メイレレス、ベアトリス・ミリャーゼス、ジウリアーノ・モンティージョ、ヴィック・ムニーズ、エルネスト・ネト、リヴァーニ・ノイエンシュヴァンダー、トミエ・オオタケ、エリオ・オイチシカ、オスジェメオス、リジア・パペ、ミラ・シュンデル、アナ・マリア・タヴァレス、エリカ・ヴェルズッティ
〈ファッション〉 イザベラ・カペト、ロナウド・フラガ、ジュン・ナカオ、カンパナ・ブラザーズ

51XQU3urY1LSS500_.jpg

また、冬のセールリストをWEB上にもUPしました。
http://latina.co.jp/html/sale/2008wintersale/
  1. 2008/12/16(火) 18:56:26|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョアン・ジルベルト来日公演中止……

JOAOGILBERTO.jpg

残念なお知らせが……。

「お客様各位

12月13日(土)、14日(日)東京国際フォーラム にて予定しておりました「ジョアン・ジルベルト / 50 Years of BOSSA NOVA」公演は、来日に向け腰痛の治療を続けて参りましたが、ブラジル-日本間の長距離渡航が可能になるまで回復せず、やむを得ず中止させて頂く事となりました。

公演を楽しみにお待ち頂いておりました皆様には、度重なるご迷惑をお掛け致します事を深くお詫び申し上げます。

平成20年12月10日
主催一同

公演の中止に伴い以下の通りチケットの払戻しをさせて頂きます。ご購入先によって払戻し方法が異なりますので、よくご確認の上お手続きをお願い致します。 」

 とのことです。残念ですが、ジョアン・ジルベルト来日公演中止です。

東京公演のチケット払い戻しの情報は下記リンクに。

http://www.joao-concert.jp/

  1. 2008/12/10(水) 18:02:11|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラジル盤入荷しました。注目作品ピックアップです。


ブラジルから入荷がありました。
注目作をCD、DVDに分けて、いくつかピックアップしました。
ぜひ、この機会をご利用下さい!

まず、DVD。

DVD081202.jpg左上から順に──

オマーラ・ポルトゥオンド&マリア・ベターニア『アオ・ヴィーヴォ』
 キューバとブラジル、世紀の女性歌手の共演ライヴ。

マリーザ・モンチ『インフィニト・アオ・メウ・ヘドール』
 待望のマリーザ・モンチの新作DVD(+CD)。DVDには本編の世界ツアーのドキュメンタリーの他、9曲のライヴ映像が収録され、CDはその9曲の音源を収録している。

ロス・エルマーノス『ナ・フンヂサゥン・プログレッソ』
 ロス・エルマーノスの解散ライヴを完全収録したDVD(名目は無期限の活動休止)。本編26曲に、解散前日のライヴで演奏され、解散当日演奏されなかった5曲も収録して、全31曲収録。

グルーポ・コルポ『ウマ・ファミリア・ブラジレイラ』
 来日公演での演目『オンコトー』の舞台風景や制作風景をふんだんに交えながら、グルーポ・コルポの全てに迫るドキュメンタリー。グルーポ・コルポ30周年記念作品。(リージョン・コード4)

VA『ウマ・ノイチ・ノエル・ホーザ』
 CDが先行リリースされていたが、ライヴの模様を収録したDVDが到着。勢いのあるレーベル「MP.B」周辺のアーティストが中心で、ヂオゴ・ノゲイラ、マウリシオ・ペソア、ホベルタ・サー、ホドリゴ・マラニャゥンといった人気も実力もある若手歌手がノエルの作品を歌っている中、ネイ・マトグロッソ、ゼ・ヘーナトというベテラン・カリスマ歌手も参加。ノエルを讃えた、スペシャルなライヴ。

マリア・ヒタ『サンバ・メウ・アオ・ヴィーヴォ』
 先日来日したマリア・ヒタのライヴDVDが到着。こんなにも堂々と、素晴らしい才能を披露してくれましたね。

ルイス・メロヂア『エスタサゥン・メロヂア・アオ・ヴィーヴォ』
 ルイス・メロヂアが、いぶし銀の歌声でサンバを歌う。傑作『エスタサゥン・メロヂア』からのトラックを中心に、名サンバを交えながら、ルイスの味わい深い世界は続いていく。

VA『サンバ・ソシアル・クルビ』
1. Samba Social Clube (Abertura Instrumental)
2. E Preciso Muito Amor - Zeca Pagodinho
3. O Bêbado e a Equilibrista - Beth Carvalho
4. O Mar Serenou - Jorge Aragao
5. Tristeza Pe no Chao - Teresa Cristina e Grupo Semente
6. Bola Dividida - Diogo Nogueira
7. Sorriso Aberto - Leci Brandão
8. Tristeza - Luiz Melodia
9. Mas Quem Disse que Eu Te Esqueco - Dona Ivone Lara
10. Mordomia - Dudu Nobre
11. Pressentimento - Roberta Sa
12. O Assassinato do Camarao - Grupo Fundo de Quintal
13. Esperancas Perdidas - Lenine
14. Da Melhor Qualidade - Sururu na Roda
15. Mormaco - Alcione
16. O Show Tem que Continuar - Casuarina
17. Salve a Mocidade - Fernanda Abreu
18. Velhas Companheiras - Nelson Sargento e Mauro Diniz
19. Nao Sou Mais Disso - Almir Guineto
20. Samba Social Clube - Arlindo Cruz, Marcelinho Moreira e Casuarina

次に、CD。

CD081202.jpg

左上から順に──

ペドロ・ルイス・イ・ア・パレーヂ『ポント・エンヘード』
 レニーニとPLAPが組んで素晴らしい作品を作ってくれた。オリジナル・アルバムとしては、2001年の『ゾナ・イ・プログレッソ』以来7年ぶりのアルバム。

ゼカ・パゴヂーニョ『ウマ・プロヴァ・ヂ・アモール』
 ジョルジ・ベンジョールや、ヴェーリャ・グアルダ・ダ・ポルテーラらのゲストも話題に。ゼカのサンバは、聞かないわけにいかない。

VA『カルトーラ・100アノース──オ・アウトール・イ・セウス・インテルプレチス』
 今年カルトーラの生誕100年だから実現した、2枚組の一大カルトーラ・トリビュート。RCA、CBSの録音を中心に、5曲の新録曲も含む。
●CD 1
1. O Inverno do Meu Tempo – Cartola
2. As Rosas Nao Falam – Altemar Dutra e Alcione
3. Cordas de Aco – Gal Costa
4. Divina Dama – Chico Buarque
5. Peito Vazio – Vania Carvalho
6. Eu Sei (inedita) – Jair Rodrigues e Celia
7. Autonomia – Fagner
8. A Cancao que Chegou – Cida Moreira
9. Minha – Zeca Pagodinho
10. Labaredas – Joanna
11. Basta de Clamares Inocencia (inedita) – Fabiana Cozza
12. Nao Quero Mais Amar a Ninguem (inedita) – Alaide Costa e Ze Luiz Mazziotti
13. Sala de Recepcao – Paulinho Boca de Cantor
14. Corra e Olhe o Ceu – Dudu Nobre
●CD 2
1. Catedral do Inferno (inedita) – Marcia Castro
2. Acontece (inedita) – Rita Ribeiro
3. Camarim – Beth Carvalho
4. Alvorada no Morro – Clara Nunes
5. Sim – Nelson Goncalves
6. Pouco Importa – Maria Creuza
7. O Mundo E um Moinho (ao Vivo) – Ney Matogrosso
8. Porque Vamos Chorando – Milena
9. Vem – Elizeth Cardoso
10. Tempos Idos (ao Vivo) – Paulinho da Viola e Toquinho
11. Amor Proibido – Paulo Moura
12. Garcas Pardas – Clementina de Jesus
13. Tive Sim – Cyro Monteiro
14. Silêncio de um Ciprestre - Cartola

マルセロ・カメロ『ソウ』
 マルセロ・カメロの才能を再度確認させたソロ・デビュー・アルバム。サンパウロのポストロック系のバンド「ウルチモルヂ」との録音曲が大半を占めるが、サンフォーナの大御所ドミンギーニョスと2人で録音した曲や、天才フォーク少女マルー・マガリャェンスと2人で録音した曲。

ルイス・メロヂア『エスタサゥン・メロヂア・アオ・ヴィーヴォ』

サントラ『オス・デザフィナードス』
 ボサノヴァの世界進出をベースにした話題の映画『オス・デザフィナードス』のサントラ。主演バンドの中心は、ジャイール・オリヴェイラ!

アナ・ルイザ『ジランド』
 デビュー・アルバム『ゼロ』の印象も記憶に新しい美人歌手アナ・ルイザが、セカンド・アルバムをリリース。オリジナル曲もふんだんに、さらに豊かなアルバムを作ってくれました。

ファロファ・カリオカ『トゥボ・ヂ・エンサイオ』
 久しぶりとなるファロファ・カリオカのオリジナル・アルバム。セウ・ジョルジはいませんが、バンドのリーダーであるガブリエル・モウラを中心に、必殺のガフィエラ・サンバは強烈です。

フランシス・ハイミ『アルバム・ムジカル2』
 パート1の『アルバム・ムジカル』から11年ぶりのリリース。ハイミの知られざる名曲を、MPBを牽引しているこれ以上ない豪華歌手が歌います。
 曲目→http://www.biscoitofino.com.br/bf/cat_produto_cada.php?id=403

パト・フー『ホトミュージック・ヂ・リキヂフィカプン』
 フェルナンダ・タカイ率いるパト・フーのデビュー・アルバムが、豪華になって再リリース。リマスターされ、ボーナス・トラックが付いて、レア写真までみれます! パト・フーの名作1stを持っていない人は、この機会にぜひ!
 http://www.patofu.com.br/

テーマ:これがオススメ! - ジャンル:ニュース

  1. 2008/12/02(火) 19:42:05|
  2. 商品紹介[ブラジル]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。