FC2ブログ

Blog Latina [ブログ・ラティーナ]

月刊ラティーナを発行する(株) ラティーナの情報発信用ブログ!

『フランシスコの2人の息子』公開開始! coba氏によるトーク・イベント

 17日から日比谷シャンテ・シネにて公開が始まった映画『フランシスコの2人の息子』。弊誌「月刊ラティーナ」では、3月号でブレノ・シウヴェイラ監督へのインタビューを中心として映画を紹介しています。そちらの方もご参照頂ければと思います。映画公開初日の17日には、世界的アコーディオン奏者のcobaさんを迎えたトーク・イベントが行われました。

coba

 cobaさんは、フランスを中心としたヨーロッパと日本を中心に活躍されているアコーディオン奏者ですが、ブラジルの映画や音楽に深く関わる方ではないので、ブラジル映画のトーク・イベントに招待されて少し戸惑っている様子もありしたが、まず開口一番「どう申し上げたらいいんでしょう。久しぶりに素直に涙を流した映画です」と、映画への素直な感想を話していました。
 映画の主人公もcobaさんと同じく、アコーディオンの演奏に取り組む中で、本格的に音楽と親しんでいきます。「自分の父がアコーディオンを私に買ってくれたように、劇中のフランシスコも息子にアコーディオンを買い与えます。自分とまさに重なる部分がありました。多くの場面で共感することが多かったです」
 アコーディオンという楽器の特性に触れる場面も。「アコーディオンはまず演奏者の体に響いてきます。それから空気が震え、音になり、人に伝わり、それが感動になる」

 『フランシスコの2人の息子』を通じて、一人の音楽家として「音楽っていうものは生活の中から生まれるということを再確認」したというcobaさん。暗い話題が多い音楽業界ですが、「音楽業界の人は、音楽のあるべき姿が詰まったこの映画を見るべき」と言います。
 また、家族の絆や子供の頃の夢が描かれたこの映画は「誰もが初心に返れる映画。映画を見た感動を回りの人に伝えていって下さい」とも。cobaさんも素直に感動できたこの映画の感動を、一人でも多くの人に感じて欲しいという気持ちが伝わってくるトーク・イベントでした。

070319.jpg
『フランシスコの2人の息子』
Copyright 2005 Conspiração Filmes Entretenimento Ltda

 『フランシスコの2人の息子』は、シャンテ シネ他全国公開中。
『フランシスコの2人の息子』:『セントラル・ステーション』、『シティ・オブ・ゴッド』を超え、堂々ブラジル映画歴代興収新記録を樹立! 2200万枚のCDセールスを記録する大ヒットミュージシャン=ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノの栄光の陰にある、涙と笑いあふれる父と子の<真実>の物語。
 
 ◆シャンテシネでの公開スケジュールはこちら
 ◆公式サイトはこちら


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

最新海外ニュース http://www.latina.co.jp/index.html
ブエノスアイレス市で国際ジャズフェス開催!(3/19,アルゼンチン)
2006年のブラジル国内でのCD売り上げランキング、1位はやっぱりあの人。2位は若き才能(3/19,ブラジル)
カルロス・ビベス、"国際スペイン語圏コングレス" に登場!(3/18,コロンビア)

最新国内ニュース  http://www.latina.co.jp/index.html
“ファンキ界のアイドル”ペルラ来日!(3/19)
スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/03/19(月) 16:20:04|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

アコーディオンサイト

初めまして☆
アコーディオン情報サイトのアキコです(^^)
現在、充実したサイトを作っていこうと試行錯誤中です。
今後ともよろしくお願いいたします☆
  1. 2007/03/20(火) 03:41:29 |
  2. URL |
  3. akiko #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://latina.blog78.fc2.com/tb.php/106-b703c644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)