Blog Latina [ブログ・ラティーナ]

月刊ラティーナを発行する(株) ラティーナの情報発信用ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナラ・レオン『プログラマ・エンサイオ1973』

ナラ・レオン(NARA LEAO)[1942-1989]

今日は、新入荷商品の中から『ナラ・レオン/プログラマ・エンサイオ1973』を紹介させて頂きます。

nara01.jpg
『NARA LEAO/PROGRAMA ENSAIO 1973(DVD)(ナラ・レオン/プログラマ・エンサイオ1973)』
BiscoitoFino 717 3675円(税込)

本作が録画されたのは、1973年。軍政批判が理由で69年以来海外亡命生活を続けていた彼女が、『美しきボサノヴァのミューズ(原題:10年後)』を録音したのが、1971年のフランスはパリ。そして、本作も73年にフランスで録画されています。

白黒の映像の中で、歌い、ギターを弾き、語り、笑うナラの姿がとにかく美しい作品です。本編に登場するのはギターを抱える彼女たった一人。当時30才のナラの容姿が美しいことはもちろんですが、パーソナリティーの美しさも映像からにじみ出ています。10代をボサノヴァ・ムーヴメントの渦中で育ち、歌手としてのデビューしてからはボサノヴァを歌うことを避け、プロテスト・ソングやモーホのサンビスタの作品ばかりを歌っていた彼女が、海外でボサノヴァに再び真摯に目を向け、ボサノヴァに取り組みはじめた。その瞬間の、個人的にはもっとも見たかった時期のナラがこの映像の中にいます。この時期を過ぎると、ブラジルへ帰国し、しばし音楽活動から離れてしまうので、これぞグッド・タイミングというタイミングの映像と言えます。キャリアについて丁寧に解説しながら、プロテスト・ソング、サンバ、ボサノヴァの数々を自分のギターを伴奏に歌います。「美しきボサノヴァのミューズ」の美しい姿に、息を飲むばかりです。


nara02.jpg
『ナラ・レオン/美しきボサノヴァのミューズ』
個人的に、『ナラ・レオン/美しきボサノヴァのミューズ』は、日本盤で再発されたCDでボサノヴァを聞き始めた僕が、ボサノヴァに触れた始めの頃に聞いたCDでした。当時同作は日本で世界初CD化されたばかりで、「THE DIG」というロック雑誌の「今なら手に入る幻の名盤」なんていう特集を読んで買ったのを覚えています。はじめて聞いた印象は、「結構暗いな」程度の印象でしたが、それでもやっぱり気になって繰り返し聞いてました。このアルバムに収録された曲の大部分が、ボサノヴァの有名な曲であると知ったのは、ずっと後のことでした。

ナラ・レオンはイメージの中でこそ、ずっと「美しきボサノヴァのミューズ」でしたが、初めて見た彼女の映像でその美しいイメージが動き始めました(彼女に関する映像がDVD化されるのは本作が初めてのようです)。映像を流しているだけでも、こんなにも図になるボサノヴァ映像も他にないだろうと思います。

作品内のナラの発言より(デビューしてからボサノヴァを歌わなかったことに関して)「世の中には微笑み、愛、花以外のものもあることを知ったわ。満足に食べれない人や、貧しい人がいた。だから、私は(美しいことばかり歌う)ボサノヴァを録音したくなかった。世の中に参加して、現実を表現したかった。」「こんな批判があったわ。お金に何不自由していないコパカバーナの少女が、貧困について歌っている。私はそんな批評をまともに取り合う気もなかった」
(ジョアン・ジルベルトについて)「私が出会った中で、もっも魅力的な人よ。みんなが彼の言葉づかいを真似していた。彼の穏やかなしゃべり方を。」


曲目:Tr01_Soneto (Chico Buarque) Tr02_Cantores do Radio (Lamartine Babo / Joao de Barro / Alberto Ribeiro) Tr03_Insensatez (Vinicius de Moraes / Tom Jobim) Tr04_Preconceito (Wilson Batista / Marino Pinto) Tr05_ Voce e Eu (Carlos Lyra / Vinicius de Moraes) Tr06_
Diz que fui por ai (Ze Keti / H. Rocha) Tr07_Opiniao (Ze Keti) Tr08_Carcara (Jose Candido / Joao do Vale) Tr09_Recado (Casquinha / Paulinho da Viola) Tr10_A Banda (Chico Buarque)Tr11_Quem te viu Quem te ve (Chico Buarque) Tr12_Com acucar Com afeto (Chico Buarque) Tr13_Primavera (Carlos Lyra / Vinicius de Moraes) Tr14_Joana Francesa (Chico Buarque) Tr15_Quando o Carnaval Chegar (Chico Buarque) Tr16_Pra Dizer Adeus (Edu Lobo / Torquato Neto) Tr17_Morena do Mar (Nara Leao / Dorival Caymmi) Tr18_Berimbau (Baden Powell / Vinicius de Moraes) Tr19_Deus me Perdoe (Humberto Teixeira / Lauro Maia) Tr20_Nao me diga adeus (Paquito, L. Soberano / J.C. da Silva) Tr21_Camisa Amarela (Ary Lobo) Tr22_Fez Bobagem (Assis Valente) Tr23_Tatuagem (Chico Buarque / Ruy Guerra)


本作はWEBショプより購入できます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

最新海外ニュース http://www.latina.co.jp/index.html
ベネズエラVSグアテマラ いよいよ決着!!(11/2,ベネズエラ)
三度目のDNA鑑定を受けねばならないセルタネージャ界のスーパスター(11/2,ブラジル)
サルサはブラジルでも浸透中! "ブラジル国際サルサ・コングレス" 開幕!(11/2,ブラジル)
いよいよ本日開催!ラテン・グラミー授賞式(11/2,米国、ニューヨーク)
メルセデス・ソーサ、有終の美を飾るコロン劇場公演! (11/2,アルゼンチン)
ホルヘ・ドレクスレル、新作『12セグンドス・デ・オスクリダー』についてのインタヴュー(11/2,ウルグアイ)

最新国内ニュース  http://www.latina.co.jp/index.html
"クアトロシエントス" の久々ピュア・タンゴライブ、6日に!(11/2)
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

  1. 2006/11/03(金) 00:15:59|
  2. 商品紹介[ブラジル]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://latina.blog78.fc2.com/tb.php/19-d11f546c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。