FC2ブログ

Blog Latina [ブログ・ラティーナ]

月刊ラティーナを発行する(株) ラティーナの情報発信用ブログ!

LITTLE TEMPO presents “Space Tropical Night”

 浅草サンバ・カーニヴァルも終わり、先週末で海の家も店じまいする地域もあったり。“夏”の終わりをひしひしと感じざるを得ない8月の最終週ですが、そんな僕らの心の隙間を見越してか、トリニダード・トバゴ共和国から本場のスティール・ドラム・オーケストラが来日します!

LITTLE TEMPO presents “Space Tropical Night”
LIVE :Caribbean Magic Steel Drum Orchestra
    LITTLE TEMPO feat. dj KENTARO
DJ : HEMO + MOOFIRE

space_.jpg
以下、リリース資料からです。

ARTIST FILE:
 今や世界中で有名になったスティール・ドラムの生まれ故郷、トリニダード・トバゴ共和国。この国が一年に一度、ひときわ賑わうのが国をあげての祭典であるカーニバル。世界3大カーニバルの一つと言われるほど有名なこのお祭り、そのメイン・イベントは圧巻の100人前後の大編成で行われるスティール・ドラムのコンテスト「パノラマ」。栄光を手にするために、80以上のグループが競い合うこのコンテストで毎年必ず上位にランクされるのが、日本でも有名な「レネゲイズ・スティール・ドラム・オーケストラ」。その「レネゲイズ」を支えてきた主要メンバーであるシェルドン・ジェームスによって新たに結成されたのが「カリビアン・マジック・スティール・ドラム・オーケストラ」です。ドラム缶から作られた見た目の素朴さからは想像もつかない2オクターブの音域を持つこのメロディー楽器で、カリブ海の代表的な音楽であるカリプソ、レゲエは勿論の事、ジャズ、ポップス、クラシック、時には日本の曲まで、幅広いレパートリーを自在に演奏する。「ハイ・テナー」「ロー・テナー」「ダブル・セコンド」など8種類のドラムで、声楽のソプラノからバス、管楽器のピッコロやテューバ、弦楽器のバイオリンからコントラバスにあたるパートまでを担当する約20人のフルオーケストラの迫力は、必見です。

 そんな本場トリニダード・ドバゴでNo.1のスティール・ドラム・オーケストラと呼び声も高い彼らをリスペクトし迎え撃つのは、日本が世界に誇るオリジナル・レゲエスタイル・インストゥルメンタルバンドのリトル・テンポ。結成からはや13年、日本においてスティール・ドラムをフロント楽器として取り入れた代表的なバンドとして君臨する彼らのユニークなダブ、レゲエを中心とした重低音サウンドでのライブは、毎度カーニバル状態!!!

 そんな両者のライブに加えて東京を拠点に全国のDANCEHALLの現場で絶大な人気を誇り、常にシーンを盛り上げてきた女性2人のDANCEHALL CREW、HEMO+MOOFIRE(ヘモ・アンド・ムーファイヤー)をDJとして迎えて行われるこの夏最後の1夜限りのスペシャルナイト決定!

今年の夏を熱く締めくくるイベントは、これしか無い!!!

◆8月29日(水)渋谷O-EAST 開場18時 開演19時 ◆
前売¥4,500(入場整理番号付、ドリンク別)
      問い合わせTEL03-3444-6751(SMASH)
スポンサーサイト



  1. 2007/08/27(月) 19:43:19|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://latina.blog78.fc2.com/tb.php/206-4356fec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)