Blog Latina [ブログ・ラティーナ]

月刊ラティーナを発行する(株) ラティーナの情報発信用ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6弦ベースでルーツを探すベーシスト、ウィリー・ゴンザレスの2作が入荷

 アルゼンチン盤が先週入荷しました。その中からウィリー・ゴンザレスが参加した2作品を紹介します。

 フォルクローレをテーマに活動を続けるスーパーベーシストのウィリー・ゴンザレスの参加作品2作が入荷しました。ラティーナの栗本斉氏による連載「オーガニック・アルヘンティーナ」08年1月号掲載分で紹介されていたミュージシャンです。

Organic0801.jpg
月刊ラティーナ08年1月号32P&33P

WILLY GONZALEZ CUARTETO
『WILLY GONZALEZ CUARTETO/AGUA』MDR 1467 2520円
 アコーディオンやパーカッションがせせらぎのように現れ、ベース音が浮遊する「Senorita」から始まる今作は、ウィリーの目指す音作りの到達点と言えるだろう。自身のヴォーカルを図太いベースとカホンに乗せ、ペルーのリズムを大胆に導入した「Papa Blanco」や、セバスティアン・ビジャルバの清涼感あるヴォーカルをフィーチャーしたボリビア民謡の「Minerito」など、アルゼンチンの枠を超えたスケール感にも圧倒される。[ラティーナ08年1月号掲載 texto por 栗本斉]

JUAN:WILLY:RODOLFO
『JUAN FALU - WILLY GONZALEZ - RODOLFO SANCHEZ』 MDR 1477 2310円
 今年、生誕百年を迎えた巨匠A.ユパンキと同じペルガミーノ出身で、早くから伝統的フォルクローレを現代のアプローチで表現し続けているベーシスト、ウィリー・ゴンサレス。最新CDとなる本作では、エドゥアルド・ファルーの甥でフォルクローレの名ギタリスト、フアン・ファルーと、ベテラン・パーカッショニストのロドルフォ・サンチェスとのトリオによる、渋さと男気漂うインスト・フォルクローレ集。最近多くの歌手に歌われているF.ファルーのチャカレーラやビダーラ、現代色をにじませたW.ゴンサレス作のサンバ3曲のほかに、近年再評価著しいC.レギサモンの②や伝承曲⑦など計10曲を収録。両ベテランと相対峙するウィリーは臆する事なく、逆に良い意味で先輩たちを牽引しているのが印象的。この新たなトリオの演奏は、3人3様以上の相乗効果が発揮され、誰が主役でもないまさに〈共演盤〉として、唯一無二なものに仕上がっている。曲のセレクトも激渋!![ラティーナ08年3月号掲載 texto por タニィ]

http://www.willygonzalez.com/

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
最新海外ニュース http://www.latina.co.jp/index.html
ボンヂ・ド・ホレーに女性ボーカリスト2人が加入(03/03,ブラジル)
ボサノヴァ50周年コンサートがイパネマ海岸で開催。8,000人の前でマリア・ヒタが感涙(03/03,ブラジル)
世界から検索されるブラジル人とトン・ゼーのブログ開始(02/29,ブラジル)
ボブ・ディランの中南米ツアー、メキシコからスタート(02/28,メキシコ)
メッシ、20歳にして100試合の出場記録達成!?(02/27,スペイン、アルゼンチン)
「ロック・イン・リオ」リスボン&マドリッド大物出演者が続々決定(02/27,ポルトガル、スペイン)
コロンビア革命軍がまた人質を解放か(02/27,コロンビア・ベネズエラ)
マリア・ベターニアの最新ライヴDVD、やはりリリース(02/27,ブラジル)
スポンサーサイト

テーマ:ラテン音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2008/03/03(月) 18:54:12|
  2. 商品紹介[アルゼンチン_フォルクローレ]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://latina.blog78.fc2.com/tb.php/291-5bc80de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。