Blog Latina [ブログ・ラティーナ]

月刊ラティーナを発行する(株) ラティーナの情報発信用ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「オルタ」1月号にて 特集「ブラジル移民100年――デカセギ20年」

アジア太平洋資料センターの発行する月刊誌「オルタ」にて、「ブラジル移民100周年」を記念した特集をしています。ラティーナに連載中の岡村淳氏も寄稿されています。ぜひ、実際に本を手にとってお読み下さい(興味深いので)。

オルタ
特集冒頭の言葉と、特集ない各記事のタイトルを引用させていただきます。

特集冒頭
「2008年。約800人の移民を乗せた「笠戸丸」が
ブラジルのサントス港に入港した1908年から100年。
現在ブラジルに居住する150万人の日系人は、4世、5世の時代を迎えている。
そして日本政府が3世までの日系人に定住・就労を認めた1990年の入管法改正から18年。
30万人の日系ブラジル人が、ニューカマーの「在日」1世、2世として日本で暮らす。
移民の歴史の一部をなすデカセギ20年、それは100周年をいかに祝うかを問うている。」

各記事のタイトルと寄稿者
●ニューカマーの「在日」、日系ブラジル人30万人は新しい日本文化を発信する [話○アンジェロ・イシ]
●世界のエスニックとしての「日本人」――第三の視点・ブラジルから日本を見る [深沢正雪]
●越境する雇用システム――日系人のデカセギを理解する [丹野清人]
●人間、いかに生きるのか――移民の人生を追いつつ考える [岡村淳]
●共生への「歩み寄り」はいかに可能なのか――在日ブラジル人と「統合政策」の行方 [池上重弘]

「オルタ」販売店
東京――ジュンク堂書店新宿店
  ――丸善 丸の内本店
  ――模索舎
  ――ピープル・ツリー自由が丘店
  ――アジア文庫
  ――カフェスロー
  ――NOAH'S CAFE
千葉・房総――カフェ・テトラスクロール
札幌――さっぽろ自由学校「遊」
名古屋――名古屋ウニタ書店
京都――ブックファースト京都店
  ――ジュンク堂書店京都BAL店
大阪――ジュンク堂書店大阪本店
神戸――ジュンク堂書店三宮店
福岡――PP21ふくおか自由学校

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
最新海外ニュース http://www.latina.co.jp/index.html
コロンビア軍のFARC越境襲撃に,米州機構コロンビアの主権侵害を認定!(03/06,コロンビア エクアドル)
SPでのボブ・ディランの無料コンサート、頓挫(03/05,ブラジル)
ボブ・マーリーの未亡人制作指揮の映画、ローリン・ヒルをキャスティングか(03/05,ジャマイカ)
ボンヂ・ド・ホレーに女性ボーカリスト2人が加入(03/03,ブラジル)
ボサノヴァ50周年コンサートがイパネマ海岸で開催。8,000人の前でマリア・ヒタが感涙(03/03,ブラジル)
スポンサーサイト
  1. 2008/03/06(木) 16:35:54|
  2. トピックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://latina.blog78.fc2.com/tb.php/293-9cc205f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。