FC2ブログ

Blog Latina [ブログ・ラティーナ]

月刊ラティーナを発行する(株) ラティーナの情報発信用ブログ!

ジョーヴェン・グアルダJovem Guardaについて

 レビューを書くのにジョーヴェン・グアルダについて調べていたら、こんなにコアなサイトに当たりました。http://www.jovemguarda.com.br/ ジョーヴェン・グアルダ期に活躍していたアーティストをひたすら追いかけているサイトです。こんなコアなファンを生んだムーヴメントがどんなものだったのかをちょっとおさらい。
 「ブラジリアン・ミュージック」(音楽之友社、中原仁編)では国安真奈さんが、「ブラジリアン・ミュージック2001」(音楽之友社、中原仁編)では中原仁さんがジョーヴェン・グアルダを解説しています。

JovemGuardaPage.jpg

 1960年中盤、ビートルズやローリング・ストーンズの海外のロックや、ブラジルのロックのパイオニアのセリー・カンペーロの影響を受け、ロックを演奏する若い音楽家が登場してきました。彼らは、はじめ「イェ・イェ・イェ」と呼ばれていました。ロマンチックで日常的な歌詞の歌謡ロックに特徴があった。
 「イェ・イェ・イェ」という名前は、1964年にビートルズの映画「A Hard Day's Night」が公開された際に「Os Reis do ie-ie-ie(eにアクセント)(イェ・イェ・イェのキングたち)」という名前で公開されたことに由来する、とのこと。
 でも、その名前よりも同ジャンルの音楽家が出演したテレビ番組「ジョーヴェン・グアルダ」(1965~1968)の印象が強く、現在までムーヴメントの名前として「ジョーヴェン・グアルダ」という名前が残っています。
 「ジョーヴェン・グアルダ」を直訳すると、「若者のガードマン」。意味がよくわかりません。この番組名自体がどこからきたのかというと、『未来はJovem Guardaの手にかかっている」という発言から引用されたとされています。若者という意味のJovemだけでいいような気がしますが、エスコーラ・ヂ・サンバの長老たちを「ヴェーリャ・グアルダVelha Guarda」(Velhaは年老いた、の意)と呼ぶのを前提とした言い回しです。
 ムーヴメントの中心となったのは、ホベルト・カルロスとエラズモ・カルロスの共作コンビに、女性歌手のヴァンデルレア。(ヴァンデルレアが昨年リリースしたニューアルバム『ノヴァ・エスタサゥン』が良作であったことは特記しておきます)
 同番組の大ヒットで、同様の内容の番組が他局でも乱立しました。しかし、番組「ジョーヴェン・グアルダ」は68年に終了し、その時をもってムーヴメントの終了とみなすのが一般的です。70年代中盤まで続いたとする解釈もあります。

海外ニュース
金融危機がブラジルのショウビズ界に与えた最大の影響 TIM FESTIVALの終焉の可能性(03/09,ブラジル)
アルリンド『MTVアオ・ヴィーヴォ』は4/17リリース予定(03/09,ブラジル)
ダニエラ・メルクリがパラグアイの観客を魅了(03/09,パラグアイ、ブラジル)
ジョイスの1976年のサイケ音源が発掘リリース!(03/09,ブラジル)
ビクトル・ハラ未亡人、チリ国籍取得へ!(03/07,チリ)
パウロ・コエーリョ『11分間』の映画化が決定(03/07,ブラジル、スイス)
スポンサーサイト



テーマ:これがオススメ! - ジャンル:ニュース

  1. 2009/03/09(月) 18:40:04|
  2. トピックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://latina.blog78.fc2.com/tb.php/432-c364dc75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)