FC2ブログ

Blog Latina [ブログ・ラティーナ]

月刊ラティーナを発行する(株) ラティーナの情報発信用ブログ!

2009東京フィルメックス映画鑑賞券プレゼントのお知らせ

第10回目を迎える東京フィルメックス国際映画フェスティバル!

fillmex09_main_chico.jpg


★☆今年は、「映画の未来へ」を合言葉に映画を通したすばらしい出会いの場を提供してくれます★☆

コンペティション部門には、バフマン・ゴバディ監督『ペルシャ猫を誰も知らない』など、世界的に大きな注目を集めるアジアから、才能ある新鋭作家による最新作が勢揃い。特別招待作品でも、カンヌ映画祭で大きな注目を集めた作品などをそろえ、評価の高い日本初上映の作品を観ることができる貴重な機会となっています!

さてラティーナでは、 今回この映画祭で特別招待作品として上映される、ペルーのクラウディア・リョサ監督作『悲しみのミルク』鑑賞券を、映画祭実行委員会の協力のもと、10組20名様にプレゼントいたします。第59回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で、最高賞の金熊賞に輝いた同作、もちろん日本初公開です。(詳しい応募方法は下記をご覧下さい。)

招待券プレゼントとなるのは有楽町朝日ホール11月25日(水)10:40~上映の回になります。
*11月28日上映回はこの招待券ではご覧になれませんのでご注意下さい。
全公開作品&プレイベントは→東京フィルメックス公式HP(www.filmex.net)にてご覧になれます。

teta_asustada09.jpg

2009filmex_milk2.jpg
『悲しみのミルク』

★☆★メイドとして働き始めた若い女性の日常を通して、1980~2000年にペルー農村部を襲ったゲリラによるテロがもたらしたトラウマを静かに描いた秀作。同作は、80年代・90年代の20年間に7万もの人々が犠牲になったペルー内戦を背景に、たくましく生きる女性たちを描くドラマ。内戦でレイプされた母親 のもとで育てられた女性ファウスタを主人公にした物語で、表題はファウスタの母親が授乳を通じ、娘に悲しみを伝えたことを意味する。☆★☆


◆応募方法

latina(a)latina.co.jp  *(a)を@に変更してメール 

上記のメールアドレスに、件名「2009東京フィルメックス映画鑑賞券プレゼント」とし、お名前、ご住所、電話番号をご記入の上、お一人様一回限りご応募下さい。締め切りは11月10日(火)、当選者の発表は、チケットの発送をもってかえさせていただきます。10組20名様へプレゼントいたします。
スポンサーサイト



テーマ:映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/23(金) 13:06:46|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://latina.blog78.fc2.com/tb.php/487-5238402d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)