FC2ブログ

Blog Latina [ブログ・ラティーナ]

月刊ラティーナを発行する(株) ラティーナの情報発信用ブログ!

カエターノとニルヴァーナ

カエターノとニルヴァーナ(「月刊ラティーナ」11月号インタビュー番外編2)

ピクシーズBBC
『ニルヴァーナ/ネヴァーマインド』

(新作『セー』に関して、ニルヴァーナはリファレンスの対象にあったか、という質問に対して)
カエターノ・ヴェローゾ「ニルヴァーナについては、僕は大好きだ。特に90年代のアルバム、中でもあの『ネヴァーマインド』が、僕は一番美しいと思う。ロック史においてもっとも美しいアルバムの一枚でもある。ニルヴァーナは大好きだから、『異国の香り』では彼らの曲を1曲レコーディングした。「カム・アズ・ユー・アー」、美しい曲だ。だから、頭の中にはあると思うよ。でも、考えてはいなかったな。アルバムを作ったら、そこに出たということじゃないかな。実は、作曲とアレンジを作っていた時に、もっとも意識的に念頭に置いていたのは、ピクシーズのアルバムだった。何年も前に、ペドロ・サーが、彼らの出演したBBCの番組を聞かせてくれて、多分それを一番考えていたんだと思う。」

 このペドロ・サーがカエターノに聞かせ、『セー』を作るきっかけとなったという音源が実際に市場に存在し、流通している。
ピクシーズBBC
『PIXIES/PIXIES AT THE BBC』(GAD 8013)
 ボストン出身の米オルタナティヴロック・シーンの先駆的バンド・ピクシーズが英BBCに1988~1990年の間に残した音源を収録した作品で、確かに『セー』に通じるシンプルでヒリヒリした、ロック・バンドによるサウンドが詰まっている。
 また、カエターノが『異国の香り』で取り上げたニルヴァーナの「カム・アズ・ユー・アー」は、カート・コバーンがピクシーズのサウンドを意識しながら作った曲として知られており、近年のカエターノには、直接的にも間接的にも、ピクシーズを中心とする90年前後の米オルタナティヴロック・シーンからの影響が色濃い。
 カエターノの『セー』のサウンドのルーツが気になる人は、ぜひ『PIXIES/PIXIES AT THE BBC』を探してみて下さい!

 番外編はまだ続きます。乞うご期待!

(カエターノへの8000字ロング・インタビュー本編は「月刊ラティーナ」11月号に掲載中!)
http://www.latina.co.jp/html/magazine/revFRM.php

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

最新海外ニュース http://www.latina.co.jp/index.html
ベネズエラVSグアテマラ 国連非常任理事国改選(10/25,ベネズエラ)
ファンキ・カリオカ・シーンのNo.1ファンケイラの裁判に本人出頭せず(10/25,ブラジル)
07年のリオのカーニヴァルCDの概要が発表に!(10/25,ブラジル)

最新国内ニュース  http://www.latina.co.jp/index.html
ヤマンドゥ・コスタ『トーキョー・セッション』本日発売!(10/25)
ブラジルのリアリティ・アートと音楽の融合@UNIT(10/25)




スポンサーサイト



テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽

  1. 2006/10/25(水) 16:31:16|
  2. カエターノ・ヴェローゾ[Caetano Veloso]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://latina.blog78.fc2.com/tb.php/9-47d83f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)