Blog Latina [ブログ・ラティーナ]

月刊ラティーナを発行する(株) ラティーナの情報発信用ブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月刊ラティーナ2012年1月号完成!

本格的に寒くなってきましたね。
ラティーナでは冬のセールが無事終了し、月刊ラティーナ2012年1月号が発売されました!

latina1201

表紙は新作の日本盤が発売されたマリーザ・モンチ!
独占電話インタビューに応じてくれて、たっぷり話を聞くことが出来ました!
全タイトルを振り返る豪華ページも用意しました。

また恒例の2011年を振り返る「ブラジル・ディスク大賞」とライター&関係者による「ベストアルバム」も必見です。はてさて、いろいろなことのあった今年、何が選ばれているでしょうか。。。

その他、いつも増して盛りだくさんの内容の2012年1月号、是非お手に取ってみてください。

詳細目次はこちらから。
ご購入はこちらから。
  1. 2011/12/20(火) 16:16:40|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊ラティーナ2011年12月号発売いたしました!

月刊ラティーナ2011年12月号、完成&発売いたしました!
今月の表紙は……

latina1112

11月2日@東京、4日@大阪に感動のステージを届けてくれたアドリアーナ・カルカニョットです。
しかもエリファス氏が今回の「サンバの微生物」公演で印象的だった紙吹雪を浴びる彼女を描いてくれました。

内容はもちろん、アドリアーナの来日公演直前インタビューとその公演の全貌解説記事や、
久々の新作を発表!マリーザ・モンチの記事もあります。
また全曲ピアソラの楽曲を収録した気合の入った新作を発表した新進気鋭のバンドネオン奏者、三浦一馬のインタビュー記事などもあります。

すべての目次はこちらから!
ご購入はこちらからどうぞ♪
  1. 2011/11/20(日) 20:45:41|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊ラティーナ2011年11月号完成!

月刊ラティーナ11月号、完成いたしました!
今月の表紙は生誕100年のサンビスタ、ネルソン・カヴァキーニョです。
(とっても渋い表情しておりますね)
中原仁さんによる特集記事もあります!

latina1111

さて、今月巻頭は来月2日@東京、4日@大阪で来日公演を行うアドリアーナ・カルカニョットのインタビュー記事が掲載されています。花田勝暁さんのインタビューから、彼女のソングライターとしての才能・魅力も十分に感じられるかと思います。
(このブログにも掲載していますが、今後の予習復習バイブルとして誌面でも読んでいただけたら幸いです)
(前編)(後編)

またアドリアーナの他にも、来月日本にやってくるペルーの音楽集団の記事も巻頭カラーページにて紹介しています。「コンドルは飛んでいく」に代表されるフォルクローレの国と思われがちのペルーにも、沿岸部・山岳部を中心に、豊かな音楽文化が育っています。今回は海の音楽・山の音楽が同じステージで競演するという素晴らしい公演について知識を深められる内容になっています。
それから、震災に負けず、今年も川俣町で開催されたコスキン・エン・ハポンの記事もあります。

カラーページ、モノクロページともに、今月も濃い話題をたくさん掲載しました。
詳細は目次をご覧ください。→目次のページ
ご購入はこちらからどうぞ。
  1. 2011/10/19(水) 12:47:56|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊ラティーナ2011年10月号完成!

急に寒くなりましたが、今月も元気に月刊ラティーナ発売になりました!
表紙は祝、新作の日本盤発売!!!のシコ・ブアルキ
巻頭でも6ページにわたって気合いの入った特集が組まれています。

latina1110

また11月にはアドリアーナ・カルカニョットがやってくる!というわけで、弊誌編集長によるアドリアーナの新作と、それをサポートするバンドメンバーの紹介も。
また同じく11月にはペルーからアンデス音楽とアフロ・ペルー音楽の両ジャンルを代表するアーティストが揃って来日するのを機に、「ペルー音楽とはどんな音楽か」ということを濱田滋郎氏による解説で知っていただけたらと思います。

今月も月刊ラティーナをよろしくお願いいたします!

目次はこちら
ご購入はこちらから。
  1. 2011/09/20(火) 19:39:15|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊ラティーナ2011年9月号完成!

暑かったり、雨降ったり、不安定な天気が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんな中(?)今月も月刊ラティーナ仕上がりました!

latina1109

今月の表紙は来月来日して、全国公演を行うジャマイカ 情熱音楽の面々にちなんで、ボブ・マーリーをイメージしたラスタカラーのデザインになっています。書店やレコード店に置いてあったら、かなり目を引きますね!
もちろん巻頭のカラーページはジャマイカ特集!今回来日するアビジャー、テッサン・チン、アイの3人のリードボーカル紹介や没後30年という機会にしっかりということで、ボブ・マーリー再考記事も4ページあります!

またワールドミュージック好き必見だった今年のフジロックレポは6ページにわたって、ミッチリご報告しています。

是非ラティーナHPや書店、レコード店にてお買い求めください。

目次など詳細はこちら
ご購入はこちらから。
  1. 2011/08/19(金) 10:54:38|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊ラティーナ2011年8月号発売!

ラティーナ半年に一度の大セーーール、二日目です!本日も11時からどしどしご注文&ご来社受付いたします!!
そんな中(?)ラティーナ今月号も完成しました。
表紙は先日の公演で何十人、何百人もの人の音楽人生を変えたであろう、パブロ・シーグレル・ミーツ・トーキョー・ジャズ・タンゴ・アンサンブルの面々。本誌内でも読売新聞文化部の西田氏によるインタビュー記事と、作家、音楽ライター、音楽家による「クロス・レビュー」をどどんと盛り込んでいます。

latina1108

また本号では、6月18日、19日に横浜で行われた「タンゴダンス世界選手権アジア大会」の結果報告および入賞者紹介を行っているほか、「タンゴダンスの生き字引、エドゥアルド&グローリア」のインタビュー記事後編などなどタンゴのネタも豊富。
またNYに本拠を置き、ポップ・カルチャーを通じてエイズ対策の活動への貢献をめざすNPO、レッド・ホット・オーガニゼーションから『レッド・ホット・リオ2』が発売、中原仁氏による内容紹介もおもしろい!

とにかく!今月もモリモリ沢山の1冊となりました。
セールのご注文とともに、ぜひラティーナ最新号もお買い求めくださいませ~。

目次・詳細はこちらから。
ご購入はこちら
  1. 2011/07/20(水) 10:53:40|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊ラティーナ2011年7月号完成!

ライターの皆様、印刷所の皆様、そしてなによりもラティーナの完成を楽しみにしてくださっている読者の皆様の声援のおかげで、今月も月刊ラティーナ7月号が仕上がりました!
今月号はタンゴダンス世界選手権アジア大会の準備期間と丸かぶりという、思わず笑ってしまいそうなスケジュールでの編集作業でしたが、今月も内容の濃い1冊が仕上がりました♪

latina1107

今年も開催が決定した「東京タンゴ祭」出演アーティスト紹介のほか、アルゼンチンで初めて開催された文化産業見本市(MICA)への弊誌編集長出張レポート、5月始めに行われたペルーの伝統的打楽器「カホン」に特化したフェスティバルの様子が豊富な写真とともに紹介されたページもあります。

「梅雨で外には出たくないなぁ……」そんな休日にガッツリ読み込んでいただきたい号に仕上がりましたので、ぜひお手にとってご覧ください。

詳細はこちらから。
ご購入はこちらからどうぞ。
  1. 2011/06/22(水) 00:45:08|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊ラティーナ2011年6月号完成!

皆さん、そろそろ五月病は治りましたでしょうか?
最近は暑くなってきてクーラーをガンガンにかけたいところですが……節電節電!というわけで、ラティーナ編集部はすでに半袖率高いです。
それはさておき。。。

今月も月刊ラティーナ出来上がりました!

latina1106

今月号の表紙はアルゼンチンタンゴ・ダンサーです。
内容は豪華タンゴダンス特集を中心に、今月も読み応えありすぎるほどの記事が詰まっております。

購入はこちらから。
ラティーナHPはこちら

目次はこちらをクリック→→

【“月刊ラティーナ2011年6月号完成!”の続きを読む】
  1. 2011/05/19(木) 17:18:51|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊ラティーナ2011年5月号完成!

皆さん、こんにちは。
桜もすでに散り、春本番かと思えば今日は冷たい雨が降ってきて、ハッキリしないお天気ですね。

そんな中(?)月刊ラティーナ5月号が完成いたしました。
明日にはレコード店さん、書店さんに並ぶことと思います。
ウェブショップからは一足先にご購入いただくこともできます。
→購入はこちらから。

月刊ラティーナ2011年5月号

今月の表紙はいつもと少し違います。
毎号表紙を描いてくださっているエリファス・アンドレアート氏が日本にいるすべての人々のことを想い、それを形にしてくださいました。
表紙の下の部分には「日本よ、世界が悲劇に涙を流し、復興を信じています」とのメッセージが添えられています。
私たち編集部も毎月楽しみにラティーナを読んでくださっている皆様のことを想いながら、また音楽や文化が復興の過程で何か力になるように、との願いを込めながら今月号を作りました。

巻頭は「こんな時こそ日本に行って皆さんを励ましたい」と言ってくれて来日公演が決定したパブロ・シーグレルの特集!パブロ・シーグレルはピアソラ・キンテートの最後の10年間、ピアニストとしてピアソラを支えた人物。現在はジャンルを超えたトップアーティストとして確固たる地位を築いています。
そんな彼は今回のコンサートのために今年1月にも来日していて、そのときに自身の耳で確かめた厳選メンバーを率いてのライヴとなります。

【アストル・ピアソラ生誕90周年記念 PABLO ZIEGLER MEETS TOKYO JAZZ TANGO ENSEMBLE】
出演:パブロ・シーグレル(p)、鬼怒無月(g)、西嶋徹(cb)、北村聡(bn)

2011.6.22(水)18:30開演
場所:浜離宮朝日ホール
料金:5,000/6,000(前売/当日、全席指定)
問い合わせ:ラティーナ 03-5768-5588
(チケットは来週初めに発売開始予定、現在ご予約受付中)

また日本のレゲエシーンを牽引するランキン・タクシーの初サルヴァドール紀行は、本人のツイートを軸に記事化、という本誌史上初めての形で仕上げました。
豊富な写真とテンション高め、臨場感あふれるランキンさんのツイートをお楽しみください。

全体の目次はこちらから。
ラティーナHPはこちら
  1. 2011/04/19(火) 20:18:22|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊ラティーナ2011年4月号、遅ればせながらの完成です。

この度の震災にて、被災された方々及び、 ご家族・ご友人が被災された関係者の皆様、 心よりお見舞い申し上げます。それと共に、一日も早い復旧、回復をお祈り申し上げます。

編集部のある東京・恵比寿のオフィスも棚が倒れて物が散乱したり、と少々の被害を受けました。
またいつも御世話になっています印刷所、製本所さんもその後の停電などの影響を受けたようで、月刊ラティーナ4月号の発売が遅れてしまいました。
楽しみにされていた皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

                       ラティーナ社員一同

本日やっと編集部に到着いたしましたので、お知らせします。

ラティーナ2011年4月号

先日、ブラジルでは世界最大の祭典と言われるカーニヴァルが行われました。
リオのカーニヴァルには我らが誇るお祭り男、KTa☆brasilが参戦!
テンションMAXの祝祭の様子をレポートしてくれています。

その他にも3月8日(サンバの日)に公式デビューアルバムを発売した「カンタス村田とサンバマシーンズ」の紹介記事もあります!

詳細はこちら
購入はこちら
ラティーナHPはこちらから。
  1. 2011/03/22(火) 19:53:29|
  2. 月刊「ラティーナ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。